旅行・地域

2018年9月28日 (金)

「素晴らしいことが起こるんだ(Amazing things happen)

あかねミュージックセラピーは、姫路市にある音楽療法の教室ですnotes





『 Amazing things happen』
2017年に公開されたある動画。公開と共に世界中で話題になり、29カ国語に翻訳され、世界中でシェアされ続けています。動画のタイトルは「素晴らしいことが起こるんだ」(原題:Amazing things happen)-自閉症の啓発を目的としてつくられたアニメーションです。

個別の音楽療法に通われているお子様の保護者の方から,学校や園での対応についても相談されることがとても多くなりましたcoldsweats02

まだまだ障害への理解が低い日本です。

教師,周りの大人が正しい理解をしてもらえるように働きかけていきたいです。

こちらからご覧ください。


にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ
にほんブログ村


にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

日本音楽療法学会 学術大会

あかねミュージックセラピーは、姫路市にある音楽療法の教室ですnotes



昨日から日本音楽療法学会 学術大会へ参加しております。


息子も一緒です。


昨日は講習会で、90分講義を4本受けました。



あっという間に時間が過ぎましたshine

学びは大切ですflair

こちらの楽器

ブンネと言います。

ほ、ほしいsign04sign03sign03

















にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ
にほんブログ村







にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

リボンの活動^ ^個別セッション

あかねミュージックセラピーは、姫路市にある音楽療法の教室ですnotes





夏休みは、リフレッシュする子もいれば、ストレスを溜める子もいますね。
また、他の兄弟姉妹との時間が課題のお子さんもいらっしゃると思います。

個別の音楽療法heart01

セッションの終盤にリボンの活動note


好きな子は好きですshine
この日は、弟くんも参加shine





にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ
にほんブログ村


にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

児童発達支援センターでの音楽療法

あかねミュージックセラピーは、姫路市にある音楽療法の教室ですnotes




昨日は、児童発達支援センターでの音楽療法。
午前の幼児クラスのため、警報は免れました。

紫陽花が満開でしたheart01

外にも笹が飾ってありました。

こちらは室内バージョンです。

終了後は心理士の先生と、子どもたちの振り返りの時間。とても大切な時間です。

夕方の個別セッションは警報発令のため、後日変更になりましたcrying
初めての出逢いもあり、また、小学生高学年とは、楽しい実験楽器もあり、楽しみにしていたのですが…お互いに待ち遠しいですねnote







にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ
にほんブログ村


にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

兵庫県自閉症協会の講演会 青年期から成人期における望ましい支援

あかねミュージックセラピーは、姫路市にある音楽療法の教室ですnotes




先日、兵庫県自閉症協会主催の講演会へ参加しました。

「青年期から成人期における望ましい支援」
〜成人期からだって遅くない支援のツボ〜





水野先生のレジュメはとてもわかりやすく、
またお話もわかりやすかったです。

青年期や成人期の長期記憶はなかなか変えることができず、幼児期からの療育やトレーニングを積み重ねることは非常に大切とおっしゃられていました。

〝余暇〟活動の支援も大切と。

自閉症の方々だけでなく、日本人は〝余暇〟の過ごし方が苦手と言われることが多いです。
趣味を持つことも、とても大切ですね。

自閉症は、社会性やコミュニケーションが不得意な方が多いです。
学校や社会に出ても、非常に大切なスキルになります。
自閉症でない人でも、「人とトラブルを起こす」「空気が読めない」「発した言葉に誤解を招く」などの方はいらっしゃいますよね。

それを自分でわかっていたら、気をつけたりトレーニングしたりできますが、わかっていない人は何度も何度も同じことを繰り返します…。

いずれにせよ、自分の特性を知り、理解し、それに対応する力をつける。
これが大切ですね!


また、先生は過干渉についても述べられていました。
できることへの支援は不必要。
少し出来ないことへの支援,出来ないことへは「教える」,混乱しないために選択肢を選んで提示することが大切ですね。

特別支援の勉強をしていると、幼児教育にも、とても役に立ちます。

過干渉は成長の妨げになることを肝に命じて子育てしましょうheart01



さてさて、
この日も、途中からスヤスヤと寝てくれた息子でした。

特別支援の講演会は、息子との参加を寛大にお許しくださいます。
本当に有難いです。


















にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ
にほんブログ村







にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

個別の音楽療法は、対象者の…

あかねミュージックセラピーは、姫路市にある音楽療法の教室ですnotes




児童ディサービスや放課後ディサービスで集団の音楽療法を行ったり、自身の教室で個別の音楽療法を行っております。


個別と集団は、働きかけが変わります。
個別では、音楽療法プラスαで、対象者さんや保護者の方との相談や報告の時間があります。
それによって新たな目標やセッションのプログラムに組み込んでいけるので良い面も多々あります。

この日は、個別の音楽療法で
小学六年生の男の子とのセッションpencil
新しいアイテムを提示したら、目がキラ〜ンlovely


↑そのアイテムがこれですshine

次回も、使いたいそうですnote
あかね先生の推測通り、彼にはツボだったようですclover

特に個別セッションでは、対象者に合わせた楽器やプログラムが出来るので各々の時間で全然違う世界が繰り広げられますhappy01

















にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ
にほんブログ村







にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

合理的配慮としてのコミュニケーション支援 セミナー受講

あかねミュージックセラピーは、姫路市にある音楽療法の教室ですnotes




水曜日は、お仕事が休みの日。
息子と二人のお出かけとしては、一番遠くに行きました。
明石の子午線ホールにて、兵庫県立こども発達支援センター主催のスキルアップ研修

児童精神科医の門 眞一郎先生による
「合理的配慮としてのコミュニケーション支援」

障害についての考え方や
主に自閉スペクトラム障害についてでした。

後半は、絵カード交換式コミュニケーション・システムのPECS(ペクス)についてでした。



事例を多く紹介してくださいましたが、セッション中の対象者さんの変化に驚きましたshine




前からPECSには興味があったので、勉強になりました。

やはり、有効なコミュニケーションツールですね。

PECSについて、もっと勉強したいなあsign03
結構高いんですよね〜sign01

早速、あかねミュージックセラピーへ通って来られている音楽療法の児童の保護者の方に、絵カードをこういう時に使えるののでは?と、提案してみましたflair









にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ
にほんブログ村







にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

個別の音楽療法♪

あかねミュージックセラピーは、姫路市にある音楽療法の教室ですnotes



出産育児のためお休みいただいていた
個別の音楽療法を再開しましたsmile
低学年は、大興奮で元気いっぱい。
高学年は、少し恥ずかしい表情をしながら、時間があっという間に過ぎて、最後に「1時間でも出来るわ〜」と一言heart01
成長しているなぁshine




昨日はどのくらい成長しているかの確認と、
今の課題を視点においてセッションしました。


三足のわらじと家庭の両立で、体力がやや心配ですが、
お休み中、あかね先生の復帰を楽しみに待っていてくれた子どもたちのために頑張りますnote








にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

養護学校の子どもたち

音楽療法のセッション現場である養護学校内にある放課後ディサービス かなでさん。
産後育児中のため、お休みいただいていて、スタッフの皆さんと子どもたちに会うため、息子とお邪魔してきましたsmile
子どもたちのそれぞれの反応を楽しませてもらい、また、中学生がプレママ体験してくれました。

久々の再会heart01
とても嬉しかったです。

息子には、ご迷惑をおかけしない程度に早い時期から、かなでの子どもたちと触れ合ってさまざまなことを学び、また、良い刺激を与えてほしいと思っていますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

発達障害のある子どもの支援ミーティングに参加しました♪

参加した発達障害のある子どもの支援ミーティングは、とても有意義でしたpencil


テーマ:
就学までに支援しておきたいこと

第1部
基調講演:
 岩永竜一郎氏(長崎大学准教授)


岩永先生のお話はわかりやすいです。
穏やかな話し方でshine
実践の様子もわかりやすいですnote

課題提起
保育園 主任保育士 
療育支援事業所 児童発達支援管理責任者 
小学校 主幹教諭 
特別支援学校 主幹教諭 

様々な課題や特徴がわかるので、学生さんにも来て欲しい内容でした。

第2部
フロアミーティング
アドバイザー 岩永竜一郎氏

立場の違う参加者が同じテーブルについて話し合うのですごく刺激になりましたhappy01

盛り沢山で時間があと1時間あってもいいくらいでした。
私の身体では限界でしたが(笑)

この学びは、療育や音楽療法に役に立つのは当然なのですが、子育てに対しても、役に立つものです。
また、教師が学ぶことでクラス全体をしっかり見られるようになります。

今日も支援をする上で、様々な課題が出ていました。
その中の一つに、情報共有がありました。
教育と福祉が行き交う環境になったらいいのになぁ。

一番大切なことは、特別支援に関わるようになってから学ぶのではなく、一般社会が理解できる環境を作っていくことですね。

あかね音楽教室とあかねミュージックセラピーで日頃、行っている合理的配慮への働きかけはとても大切であることを改めて実感しました。
小さなことからコツコツと続けていこうheart01



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧