« 漢字カード | トップページ | 似顔絵^ ^ »

2019年11月 8日 (金)

音楽療法の学び

先日、宝塚市まで勉強へ行ってきました^ ^

辻 有里 先生の講座で

内容は、「障がいをもつ子供たちの特徴を知り、言動の意味について」

D52099547dd34714ad8c1492e0f16b33

理解を深め、其々の特徴やニーズに適した音楽療法の定義について学ぶ場でした。

 

辻先生ワールドが素敵でした^ ^

フロアで座るのか椅子に座るか?

そこに大きな意味があり、誰に適しているのかなど、改めてより細やかな観察と工夫が必要であると感じました。

 

あかねミュージックセラピーについて

自閉症や発達障害のお子様は様々で特別支援学校,養護学校,地域の学校 支援学級や普通級などに通われております。

当教室へは姫路市を含む西播地域の広範囲から通われています。

お子様の特性だけでなく、その場や環境によっても補うことは違ってきます。

学校での様子や家での様子を保護者様より伺い目標設定してプログラムを考えます。

当教室は療育施設ではありませんので習い事として通われています。

診断を受けていなくても、発達に不安を感じられるお子様も通っていただけます。

詳しくはあかね音楽教室のホームぺージをご覧ください。

 

また、姫路市が行っている機関や療育施設(児童発達支援センターや放課後等デイサービスなど)へ出張し、

小集団での音楽療法も行っております。

|

« 漢字カード | トップページ | 似顔絵^ ^ »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽療法士」カテゴリの記事

音楽療法」カテゴリの記事

障害児教育」カテゴリの記事

特別支援」カテゴリの記事

特別支援教育」カテゴリの記事

姫路市」カテゴリの記事

音楽教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 漢字カード | トップページ | 似顔絵^ ^ »