« 元気印のあかね先生始動いたしました! | トップページ | スキルアップ研修 »

2019年1月13日 (日)

音楽療法の個別教室の意義

あかねミュージックセラピーは、姫路市にある音楽療法の教室です




音楽療法の個別教室。
今は主に自閉症スペクトラムのお子様が多く通ってきてくださっています。

児童ディサービスや放課後ディサービスの児童発達支援施設での音楽療法は5名から8名ほどの小集団で行われることが多いです。(私も非常勤講師で数カ所で音楽療法を担当しております)
しかし、海外では個別で行われることが多いです。

個別教室では、対象者さんが成長と共に変わっていく課題を音楽を通してトレーニングしていくことや安心できる場で自己表現すること,社会性を学ぶなどを目的としています。

そして、保護者様への支援も大きな目的となっています。
保護者様とセラピストを繋いでいるはぐくむ連絡ノートは大切な一枚。



みなさん、ファイルに綴っておられます。


小学二年生から通い続けている男児は小学六年生。

小学校を卒業したら私の元からも卒業していくのかと思っていたら、中学生になっても通いたいと先日のセッションで伝えてくれました。
毎回行う2人の即興の世界は、お母様も含めて大好きな時間。

あかね先生はこれからも支えていきますよ❤︎

念頭に掲げていた目標の「他職種専門家との連携」は、もう形になりつつあります^ ^
これからも進化していきます。


にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ
にほんブログ村



にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村

|

« 元気印のあかね先生始動いたしました! | トップページ | スキルアップ研修 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

音楽療法士」カテゴリの記事

音楽療法」カテゴリの記事

障害児教育」カテゴリの記事

特別支援」カテゴリの記事

特別支援教育」カテゴリの記事

姫路市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽療法の個別教室の意義:

« 元気印のあかね先生始動いたしました! | トップページ | スキルアップ研修 »