« 2018年2月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月に作成された記事

2018年6月24日 (日)

兵庫県自閉症協会の講演会 青年期から成人期における望ましい支援

あかねミュージックセラピーは、姫路市にある音楽療法の教室ですnotes




先日、兵庫県自閉症協会主催の講演会へ参加しました。

「青年期から成人期における望ましい支援」
〜成人期からだって遅くない支援のツボ〜





水野先生のレジュメはとてもわかりやすく、
またお話もわかりやすかったです。

青年期や成人期の長期記憶はなかなか変えることができず、幼児期からの療育やトレーニングを積み重ねることは非常に大切とおっしゃられていました。

〝余暇〟活動の支援も大切と。

自閉症の方々だけでなく、日本人は〝余暇〟の過ごし方が苦手と言われることが多いです。
趣味を持つことも、とても大切ですね。

自閉症は、社会性やコミュニケーションが不得意な方が多いです。
学校や社会に出ても、非常に大切なスキルになります。
自閉症でない人でも、「人とトラブルを起こす」「空気が読めない」「発した言葉に誤解を招く」などの方はいらっしゃいますよね。

それを自分でわかっていたら、気をつけたりトレーニングしたりできますが、わかっていない人は何度も何度も同じことを繰り返します…。

いずれにせよ、自分の特性を知り、理解し、それに対応する力をつける。
これが大切ですね!


また、先生は過干渉についても述べられていました。
できることへの支援は不必要。
少し出来ないことへの支援,出来ないことへは「教える」,混乱しないために選択肢を選んで提示することが大切ですね。

特別支援の勉強をしていると、幼児教育にも、とても役に立ちます。

過干渉は成長の妨げになることを肝に命じて子育てしましょうheart01



さてさて、
この日も、途中からスヤスヤと寝てくれた息子でした。

特別支援の講演会は、息子との参加を寛大にお許しくださいます。
本当に有難いです。


















にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ
にほんブログ村







にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

個別の音楽療法は、対象者の…

あかねミュージックセラピーは、姫路市にある音楽療法の教室ですnotes




児童ディサービスや放課後ディサービスで集団の音楽療法を行ったり、自身の教室で個別の音楽療法を行っております。


個別と集団は、働きかけが変わります。
個別では、音楽療法プラスαで、対象者さんや保護者の方との相談や報告の時間があります。
それによって新たな目標やセッションのプログラムに組み込んでいけるので良い面も多々あります。

この日は、個別の音楽療法で
小学六年生の男の子とのセッションpencil
新しいアイテムを提示したら、目がキラ〜ンlovely


↑そのアイテムがこれですshine

次回も、使いたいそうですnote
あかね先生の推測通り、彼にはツボだったようですclover

特に個別セッションでは、対象者に合わせた楽器やプログラムが出来るので各々の時間で全然違う世界が繰り広げられますhappy01

















にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ
にほんブログ村







にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

出張の音楽療法

とある日。
午前中が、ぱっそkids(子どもの発達が気になる親子の交流の場)での音楽遊び,午後は放課後ディで車イスの子どもたちとの音楽療法heart01
豊かな時間ですnote

あっという間に6月中旬ですね。


音楽療法はあかねミュージックセラピーのHPをご覧くださいclover



ブログpencilもありますnotes


にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年7月 »