« 第14回 日本音楽療法学会 学術大会 | トップページ | 芸術の秋 »

2014年9月23日 (火)

呉 東進先生の講義 医学的音楽療法について

おはようございます

台風が迫ってきているようですね

昨日は、西宮で自閉症スペクトラムと音楽療法について学びました。

呉先生の講義は、非常に聴きやすくわかりやすかったです

こちらの本もすごくわかりやすいです

アメリカでは週二回ペース以上で、自閉症スペクトラム児への音楽療法を行った方が望ましいと言われているそうです。
知的障害が重ければ重いほど、頻度をあげた方が効果があります。

早期介入。
日本でも週一回以上できる時代が来るといいですね*\(^o^)/*

そして、音楽療法に限らず、療育全体で捉え、家族の方々の家庭でのフォローがより成長を促すことができます。
これは、障がいを持つとか関係ない話ですね。
全ての子どもに対して言えることですね

大人の都合で、子どもの集中ややる気を奪ってはいけません。
適度な補助や支援が大切です

にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ
にほんブログ村

|

« 第14回 日本音楽療法学会 学術大会 | トップページ | 芸術の秋 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

音楽療法士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呉 東進先生の講義 医学的音楽療法について:

« 第14回 日本音楽療法学会 学術大会 | トップページ | 芸術の秋 »