« 公開講座 ソーシャルスキルの指導 | トップページ | ‘食の安全’を考える! 皆さんは、危機感を感じていますか? »

2013年4月18日 (木)

マザリング(mothering)

母親が、イライラしたり不安になったり罪悪感をもってしまう背景には、
社会からのプレッシャーがあるようです。

わたしたちのまわりには、根拠がないにもかかわらず、
ほとんどの人が信じてしまっている、さまざまな社会的な思い込みがあります。
これらは「神話」と呼ばれています。

つまり、「女性にとっては母性は本能である」、
そして本能であるがゆえに「女性は常に母性を感じている」ということなのでしょう。
男女とも、子どもを育てる中で、
少しずつ行動化できるようになってくるものなのだと思います。

今、社会の中で女性の就労増加と母親役割の変化が見られる。

皆さんは、マザリング(mothering)という言葉を耳にしたことはありますか?

「親や養育者などが乳児に与える母性的なスキンシップや世話(maternal care)を意味する。母親行動(maternal behavior),あるいは広い意味では親行動(parenting)という呼び方もする。主としてスキンシップを通じて与えられる養護行動をいうが,顔を見る,笑いかける,話しかける,あやすなどの行動も含まれる。

マザリングがヒトの乳児の身体・知能の成長や発達に大きく影響すると言われています。

これは、性別関係は問いませんし、親だからということではありません。

核家族化が進む中で、もっと社会全体で子育てに取り組まなければならないというこでしょう。

この勉強をしていて、気付きました。

あかね音楽教室は、このマザリングの役割を意識して子どもたちと触れ合っているな、と

これからも大切にしていきたいことです

|

« 公開講座 ソーシャルスキルの指導 | トップページ | ‘食の安全’を考える! 皆さんは、危機感を感じていますか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マザリング(mothering):

« 公開講座 ソーシャルスキルの指導 | トップページ | ‘食の安全’を考える! 皆さんは、危機感を感じていますか? »